So-net無料ブログ作成
test

グラスリップ 12話 感想【別の世界線の話かぁ……】 [感想・レビュー]

スポンサードリンク



グラスリップ 第12話「花火(再び)」の感想です。


まず、最終回じゃなかったですねw
全13話で、次回が最終話だそうです。


しかし、こういった話をここで挟んでくるかといった感じですね。

GL_12.jpg

最後までちゃんと観れば「唐突な当たり前の孤独」を表現していると分るのですが、全く別のパラレルな世界に飛ばされたのかと、頭が混乱しますね。

その混乱こそが透子が感じていた感覚でしょうし、それを共感できるという意味では「イイ話」なんですが、今なのかと?



駆の口から「唐突な当たり前の孤独」という表現が出てきたのは随分前ですよね? 
「自分会議」が出てきたあたりかな?

前回までの、透子と駆のよくわからない会話を重ねるくらいなら、二人が親密になる過程でこれを見せても良かったんじゃない?


透子の雪のイメージを引っ張ってきたのも、今回の伏線だったわけですが、ビジュアル的には夏と冬の対比で、現実を陰陽の「陽」のみたいに見せようということなんでしょうが、そこまで引っ張る価値があったかなぁ?


ひと夏の思い出としては、夏の方を良く見せたいのでしょうが……。



最終回でどうまとめるのかなぁ?


【Amazon.co.jp限定】グラスリップ (1) (オリジナルデカ缶バッチ付) [Blu-ray]

新品価格
¥7,344から
(2014/9/20 19:31時点)







スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
test

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。